ようこそ! 作家 中井俊已のホームページへ


急がずに、少しずつ、笑顔で スイッチ オン

男の子
“やる気”を引き出す

魔法のスイッチ



                 全国書店で好評販売中
  

中井俊已著

四六 判 (14×20.5cm) 並製 168ページ
予価1,365円(税込) 
学陽書房 
 
    ←こちらからもご購入できます。

★本の内容

親がほんのちょっと変わるだけで、男の子はぐんぐん伸びる!

やる気、チャレンジ精神、コミュニケーション力、将来の力になる基礎的学力、そして、やさしさとたくましさ……。

一般に女の子より成長が遅いとみられがちな男の子ですが、その「成長の特性」を知ることで、自分の力でぐんぐん成長しながら、よいところを開花させ、自立できる子に育ちます。

男子教育のエキスパートである著者が、男の子の育て方に不安を感じている親(とくに母親)の悩みに寄り添いながら、無理なく楽しみながら実践できる毎日の「ちょっとした子育て習慣」、また「家庭学習」や「生活習慣」の身につけさせ方など、“具体的なヒント”でアドバイス!


 ★目次


Introduction――親がハッピーなら子どももハッピー


第1章 親の意識がほんの少し変わるだけで男の子はぐんぐん伸びる

・男の子がわかれば子育てはラクになる
・現実の男の子ってこんなもの!?
・男の子って、めんどくさがりやだけど、好奇心旺盛!?
・しつけはニコニコ「太陽ママ」が基本
・結果を急がず長い目で
・前向きな心、肯定的な心、感謝の心で

 COLUMN1 男の子と女の子のさまざまな違い


第2章 男の子のやる気やチャレンジ精神を伸ばす


・親の言葉が前向きだと男の子は前向きになれる
・親に肯定されると子どもはやる気満々に!
・夢があるからがんばれる
・具体的な目標があると具体的な行動ができる
・子どもがぐんぐん伸びる「上手なほめ方」5原則
・勉強を「おもしろい」「楽しい」と思わせると、やる気が育つ
・勉強がゲームやクイズだと男の子は燃える
・動き出せば、やる気がでてくる

 COLUMN2 男の子をやる気にする言葉かけ


第3章 男の子のコミュニケーション力を伸ばす


・話を聞かない男の子もちょっとしたコツで聞くようになる
・親の言葉かけ次第で男の子は伸びる
・親は男の子の会話力を伸ばす最高の先生
・親以外の人にも伝わらなければ、子どもの願いはかなわない
・親の伝え方が子どものコミュニケーション力を左右する
・クイズの出し合いが会話と思考のトレーニングになる
 
 COLUMN3 男の子の「コミュニケーション力」をみるチェックポイント


第4章 将来の力になる基礎的学力を伸ばす

・家庭学習の習慣をつけるリビングでの勉強
・リビングに辞典や地図帳を置いておくと子どもは賢くなる
・「読み聞かせ」が聞く力、読む力、集中力などをぐんと伸ばす
・読書をすると学力的にも人間的にも成長していく
・子どもはむずかしい漢字でも本当は好き
・国語辞典はひらがなが読めれば今日から使える
・子どもは俳句も好き
・親子日記、手紙で文章力がぐんぐん伸びる
 
 COLUMN4 男の子が楽しめて大人も感動する絵本


第5章 男の子のたくましさとやさしさを伸ばす

・お手伝いをさせるとしっかりした子になる
・自然の中で遊ぶとたくましくなる
・ガマンをすることで忍耐力や克己心が育つ
・子どもどうしのケンカは成長のきっかけになる
・「英雄的瞬間」を戦うと心が強くなる
・運動や遊びを通していっそうたくましくなる
・男の子はしっかりした男性と接してたくましく成長する
・親の愛によって子どもの生きる力は育つ

 COLUMN5 男の子の子育てminiQ&A


おわりに――男の子はお母さんが大好き

★著者紹介
 
 
中井俊已(なかいとしみ)
 私立小中一貫の男子校に23年間勤務後、多くの人が元気で幸せになることを願って、現在は作家・教育コンサルタントとして執筆・講演活動など幅広く活躍中。京都イクメン会発起人。著書に『子どもの「いいところ」を伸ばすほめ言葉ブック』『元気がでる魔法の口ぐせ』『マザー・テレサ愛の花束』(以上、PHP研究所)、『なぜ男女別学は子どもを伸ばすのか』(学研パブリッシング)、『学力も人間力も伸ばす子育て51のヒント』(学陽書房)など約50冊。

男の子
“やる気”を引き出す

魔法のスイッチ



       7月19日より全国書店で販売開始
  


中井俊已著

四六 判 (14×20.5cm) 並製 168ページ
2012年07月下旬 予価1,365円(税込) 
学陽書房 
 
   こちらからもご購入できます→    

                                            

                                         ご覧くださって、どうもありがとうございます!
→中井俊已HPへ